オナニーするとチンコが小さくなるという都市伝説を聞いたことがありませんか?

俺の短小チンコはオナニーのしすぎだったのか?

暇さえあればチンコをいじってた俺が悪かったのか?

でもなんでそんな都市伝説があるの?

巷でささやかれているのが、オナニーをすると男性ホルモンや成長ホルモンが射精によって消費するため、本来成長するはずのチンコにホルモンや栄養がいきわたらないという説がありますが、

オナニーと短小チンコは全く関係ありません。

短小チンコの原因

包茎 チンコが成長するときに皮が邪魔して成長を阻害してしまう。

遺伝 外国人のチンコは大きく、日本人は小さいように遺伝の影響は一番大きいといえます。

生活習慣と食生活 特に成長期に睡眠時間が不足すると体の成長の妨げになりますし、「人間は食べ物のお化け」と言われるように食べ物によって体は成長します。

逆にオナニーをすることで男性ホルモンが刺激され、男前のチンコになります。

でもオナニーの仕方には少なからず関係があります。

オナニーをしてすぐに射精をしてしまうと、血行が良くなってもすぐにしぼんでしまって増大しません。

せっかく必死にやるのなら、時間をかけてフル勃起状態を長く保つことで膨張率が増していきます。

ネットで調べてもオナニーのしすぎは短小の原因とたくさんのサイトがありますが、気にせずシコリまくりましょう。

ちなみに前立腺がんはオナニーをあまりしなくなる65歳以上から急増します。

使えるものはしっかり使わないと病気にもなるしもったいないですよ。

ヴィトックス 口コミ