2万年前から続く脱毛の歴史

脱毛行為は、およそ2万年も前から実は行われており、
もちろん特別な器具や脱毛剤などは使われておりませんが、考古学的には鋭利な石器などを使って削りとるように剃られていたと考えられています。

 

そして時は経ち、紀元前3世紀ごろに「脱毛剤」と呼ばれるものが登場しました。
香料を混入した粘り気のあるペースト状態のものを肌の上に転がし、ムダ毛を不浄と考えている宗教で行われました。

 

また、シュメール人はピンセットや毛抜きを用いて脱毛を行い、
古代アラビア人などは縄を用いて引き抜いたと言われています。

 

体毛を邪魔だと考える女性は、今も昔も変わらず存在したようです。

 

一方で、男性はと言うとローマでは髭を剃るようにしていたんだとか。
さらには、体毛を除去する男性も現れるようになりました。

 

浴場では体毛を抜くときのうめき声が聞こえると記され、ローマの公衆浴場ではそれらの風景が見て取れます。

 

日本での脱毛歴史

 

日本で行われた脱毛と言うと、
平安時代にハマグリの外側を使って額の生え際を整えるために使っていたと言われています。

 

また、額の生え際の脱毛は、13世紀ごろにイギリスでも行われていたんだとか。

 

現代の話

 

現代の脱毛は過去のものと比べるととても高度なものばかりで、
「医療レーザー脱毛」「針脱毛」「光(フラッシュ)脱毛」などの種類があります。

 

針脱毛以外は、いずれも近代的な最新技術を用いて特別な施術を施しますが、
針脱毛については、細い針を使って毛根を破壊するため、激痛が伴われるようです。

 

また、2001年より医師免許のない者はレーザー脱毛を行うことができないようになりました。