日焼けをするとお肌が真っ赤になってしまう

クリニックで受けることができる医療用のレーザー脱毛、サロンやエステで受けることができるフラッシュ脱毛は、どちらもレーザーの光を当ててムダ毛の毛細胞を壊し、ムダ毛の処理をする脱毛方法です。

 

レーザーの光をお肌にあてる、ムダ毛の中の黒いメラニン色素に反応してムダ毛の細胞を壊すという性質から、施術を受けた人の中には、施術後にお肌にトラブルが起きてしまったという方もおられるようです。

 

トラブルが起きてしまったという方の中には、元々、日焼けをするとお肌が真っ赤になってしまうような、レーザーの光が体質的に合わないという方もおられます。

 

通常、サロンやクリニックでは、事前に狭い範囲でテスト照射をするので、お肌が弱い人やかぶれやすい人は、その時にしっかりと自分のお肌の状況を確認をしておく必要がありますね。

 

テストを受けた場所がちょっととかゆいけど、脱毛をしたいからそのまま施術を受けてしまおう…と、無理にムダ毛の処理を強行してしまうと、お肌のトラブルにつながるので、ご自身でレーザーが可能かどうかをシビアに判断をする必要があります。

 

お肌が弱いと言う方は、お医者さんがいるクリニックなどで施術を受けて、お肌にトラブルが起きた場合にも、専用の薬を処方してもらうという方法もありますが、レーザーはお肌への負担が大きいので、ムダ毛処理の方法として向いていない方もいるということを認識しておきましょう。

 

また、ムダ毛の処理の後の対応が悪くて、処理をした後にお肌にトラブルが起きてしまったという方もおられます。

 

サロンやクリニックでレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を受ける前には、日焼けをしないように注意をする必要があり、脱毛をした直後に日焼けをすると、色素沈着を起こす、しみができやすくなる、赤い発疹が出るなどトラブルが起こる可能性があるので注意が必要です。

 

七分丈の洋服や、足首、首の後ろなどは日焼け止めを塗るのを忘れがちな箇所ですから、レーザーやフラッシュ脱毛をした後やレーザー脱毛の施術を断続的に受けている期間のお肌は、直射日光に当たらないようにし、出かける時には必ず日焼け止めを塗ってから外出するようにしたいですね。

 

女性は生理の前後に体全体の抵抗力が落ちるので、できるだけこの時期に脱毛の施術を受けるのを避けたほうがベターです。

 

クリニックのレーザーは出力が強く、エステやサロンは出力は弱いですが、個人の体質によってもお肌への影響やダメージの程度は違いますから、慎重に、トラブルのないように気を付けながら、お手入れいらずの美しい素肌を手に入れるようにしたいですね。

お肌が弱い顔のムダ毛処理の注意

昔から舞妓さんや芸妓さんが髪結いの時に美容のために使っていた顔そりですが、最近では顔のうぶ毛を剃って顔色のトーンをアップすることや、ファンデーションノリを良くするなど、顔そりというムダ毛の処理方法はとても一般的になりましたよね。

 

現在でいうところのピーリングのような、うぶ毛と一緒に顔の表面の厚くなった余分な角質をそぎ落とすことで美肌などの美容効果が期待できたという理由で、芸妓さんなどは利用をしていたのかもしれませんね。

 

顔そりをすると、顔の表面に無数に生えているうぶ毛の黒がなくなるので、顔の色のトーンが変わりますし、何よりファンデーションのノリでその効果を実感するという方が多いのではないでしょうか。

 

環境やストレス、また女性は妊娠や出産などが原因でホルモンバランスが崩れ、体毛が濃くなることがありますから、最近、なんだかファンデーションのノリが悪いな…という時には、鏡をじっくりと観察し、お顔の表面のうぶ毛が生えていないかチェックをしてみましょう。

 

男性が散発をするときに、一緒にヒゲやもみあげの顔そりをしてもらうこともできるのですが、このカミソリによって顔そりができるのは、国家資格を持つ理容師のみという決まりがあるようです。

 

町の男性用の理容室でも、女性の方の顔そりの受け付けもしていますという張り紙などを見かけることも多くなってきましたから、顔のうぶ毛が気になるけど、自分で処理をするのはちょっと怖いという方は試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

男性ばかりの理容室はちょっと抵抗がある…という方は、エステサロンなどでもお顔のうぶ毛コースがあるので、こちらを利用してみるのも良いですね。

 

自分で顔そりをする場合には、家庭用のI字の顔専用のカミソリを使ってムダ毛の処理をするようにしましょう。

 

脚や腕などようにしっかりと剃りたい部分用に設計されたカミソリ、顔のように細かいうぶ毛できめ細やかに、傷をなるべくつけないように剃りたい部分用のカミソリなど、体のパーツごとにカミソリの種類に違いがあります。

 

女性は生理の前後は体の抵抗力が落ちますから、いつもはOKのムダ毛処理でも、思わぬ肌トラブルが起きてしまうことがあります。
この時期のムダ毛の処理はなるべく避けるようにしましょう。

 

顔そりの一部分であるまゆげも、まぶたの上の部分などのムダ毛や眉山の部分などは、ほんの少しさわっただけでかなり印象が変わってしまいますから、できるだけカミソリではなく1本1本を毛抜きで整えて、剃りすぎないように注意をしましょう。

 

最近ちょっとファンデーションのノリが悪いな、顔色がくすんだイメージがあるなという時には、顔ぞりに挑戦してみるのも良いですね。

 

日焼けをするとお肌が真っ赤になってしまう関連ページ

いまどきの小学生
最近、暑くなってきたため衣替えをし始めた人が多いと思います。小学生の子供たちの制服もほとんどが、半袖になってきました。
肌が変わる!?ムダ毛の処理
女性なら誰もがツルツル肌…なんていうのは夢の話。 オシャレになりたい女性ほどムダ毛を気にしますが、 適した方法を行わずに毛の処理を続けていった場合 まるで男性の様な肌になってしまうことがあるんです。
私のムダ毛処理の歴史(笑)
私は本当に毛深くて、小学生のころからコンプレックスでした。小学生のときから毎日のように足と腕の毛をカミソリで剃っていたので、もう肌は荒れまくり…。
脱毛エステって。。
職業柄、脱毛を怠れません。だから1年じゅう毎日お風呂で脱毛。。。